【単千】七夕に大荒れを祈って【七夕賞2024】【予想】

スーパーセントウです!

 

ラジオNIKKEI賞がまさか(?)の的中!

幸先のいい夏が始まりました!

月が替わっても継続でお願いします。

 

七夕賞2024の予想

今年の七夕賞は7月7日開催です。

ちょうどこの日ってやつですね。

7月7日開催は5年ぶりのことです。

七夕賞の歴史的には6回目の出来事です。

彦星と織姫にとっては大事な日過ぎて競馬どころではないですね。

 

レースとしてはいつまでたってもツインターボで有名なレースです。

予想としては非常に難しいハンデ戦になります。

 

昨年のセイウンハーデスはハズレ。

勝ったセイウンハーデスは条件②までクリア。

条件③で撃沈しました。

 

これで3年連続前走好走した馬が七夕賞を制しました。

え、こんなに偏る?

どうしても前走微妙な馬を条件にしたい私には当てられません。

3年前になにが変わったんですかね。

この流れ。

来年好走側で絞ったら失敗しそうで怖いです。

条件③をどう作るのか、流れか、多数か、

来年の私さん考えてください!

昨年の私のメッセージ。

多数かってどういう意味なんだろう。

文章が混乱してますねー。

 

昨年も条件3つ使って7頭残しという絞れなさ。

今年も無理せず進めます。

 

過去10年の勝ち馬

セイウンハーデス

エヒト

トーラスジェミニ

クレッシェンドラヴ

ミッキースワロー

メドウラーク

ゼーヴィント

アルバートドック

グランデッツァ

メイショウナルト

10年区切りということでoutマイネルラクリマinセイウンハーデスです。

ちなみにマイネルラクリマの年も7月7日開催です。

 

条件①:前走が1月or2月or5月or6月のレース

過去の非該当:なし

前走の出走月条件はラジオNIKKEI賞で効果があるのでこのレースでも期待しています。

ラジニケに比べて残し過ぎなのが玉に傷(笑)

単純に3月4月出走の馬を削ります。

消してて思うのはとっても関係ありそうな福島民報杯組が

4月開催で該当しちゃうのが面白いですね。

11頭残しになります。

 

条件②:前走OP競走を除く1年以内に重賞着差0.4差以内がある

過去の非該当:なし

非該当はなしってことになってますが、前走OP競走である、

メドウラークはある意味非該当です。

近走いい成績じゃなくても自力を示してくれていることをプラスと考えます。

昨年はまったく効果がでない条件でした。

また前走OP競走にリステッドレースは入れました。

7頭まで来ました。

 

条件③:前走1番人気および前走不良馬場を除く5着以下の馬

過去の非該当:なし

考えた結果改造して臨むことにしました。

前走1番人気だったのはゼーヴィント、クレッシェンドラヴ

前走不良馬場なのはセイウンハーデスです。

無理した感じがありますね。

とにかくこれで5頭になりました。

グレンガリー

ダンディズム

ノッキングポイント

ノースザワールド

バビット

です。

 

ではここから3頭にします。

人気している馬がみんないなくなっちゃったからです。

選ばなかった2頭はグレンガリーとノースザワールドにします。

グレンガリーは前走8着でも最下位ですし、

ノースザワールドは人気無くて凡走ってのが傾向と違う気がしたからです。

 

ということでこの3頭を単勝で買います!

ダンディズム

ノッキングポイント

バビット

正直斤量も気になるところではありますが、

重い斤量を背負った馬を400円にしようかなと思います。

 

七夕に大荒れを祈って今週を過ごします!

【単千】そして大外からオフトレイル【ラジオNIKKEI賞2024】【回顧】

スーパーセントウです!

 

横浜に行きました。

中華料理をめちゃめちゃ食べました。

久々でしたが中華街いいですねー。

 

ここが日本の近代競馬の発祥の地です。

 

日曜日函館5Rの回顧

オサヴァリバーさんのPOGゴーゴータカシのデビュー戦でした。

出走表を見てみると、ゴーゴーゴウトもいます。

2頭出しかと思ったら、違う馬主!

馬名の由来を見たら両方に行け行けって書いてありました。

運命的ななにかを感じます。

他にも注目株としては柳田選手の馬セイフウサツキもデビューです。

なんだか豪華なメンバーとワクワクしてました。

 

レースを見るといいスタートを切ったのはゴーゴーの2頭。

割と持ったままハナを切ったのはタカシのほうでした。

で、悠々と逃げて、最後も突き放して完勝です!

 

ゴーゴータカシおめでとう!

函館2歳Sも視野に入るいい走りだったと思います。

重賞楽しみですね。出てほしいー。

 

ラジオNIKKEI賞2024の回顧

事前予想で残したのは3頭。

オフトレイル

ショーマンフリート

ミナデオロ

です。

 

予想オッズはあてにならないので当日までどんなオッズか読めない状況。

蓋を開けるとショーマンフリートが2番人気でした。

なるほどそうきたか・・・でした。

 

日曜の16時前は家にいたのでフジテレビで視聴!

ショーマンフリートはスタジオでも押されている模様。

資金配分は以下のようにしました。

オフトレイル 300円

ショーマンフリート 400円

ミナデオロ 300円

まぁ均等配分です。

 

レースは出遅れたオフトレイル

かなり後方に下げたショーマンフリート

前目でとっても好位のミナデオロ

という位置で道中はミナデオロに注目してみてました!

 

ペースが早いという実況の声を聴いた後、

抜け出したのは1番人気のシリウスコルト!

そしてそして大外からオフトレイル!

届けー!届けー!

って子どもと応援したかいあって見事な差し切り勝ち!

展開はまったなーという結果でした!

 

11倍の大勝ちです!

久々に1番人気じゃない馬が当たった気がします。

いい感じで6月を締めることができました。

 

条件に関しては今回1つでしぼっているので来年同じにならなさそうですが、

もちろん据え置きの5月出走です!

【単千】条件1つでさくっと解決【ラジオNIKKEI賞2024】【予想】

スーパーセントウです!

 

宝塚記念はドウデュースが6着。

全く締まらないまま本格的な夏競馬に突入です!

大きな声で一言

全く当たらない季節が来たぞーーー

難しいG3戦線でなんとか結果が出るように祈って予想します。

 

ラジオNIKKEI賞2024の予想

3歳戦で意外と重要な1戦です。

ラジオNIKKEI賞。

春に振るわなかった馬、秋にかけて出てくる新星。

菊を目指し福島で開催されるのが面白いところってレースです。

 

昨年は事前予想で大チョンボ。

該当馬を非該当と判断して消去。

エルトンバローズを当てられませんでした。

勝ったエルトンバローズは条件②と③で外れ。

それよりも前の条件①で大ミスが発覚!

5月に出走しているのに条件①で消しちゃってるじゃん!

あーあ。

そしてそれがあろうがなかろうが②と③で外れです。

 

付け足した③はともかく、②は2年連続非該当を出しました。

これはいかんですね。

来年は②を考え直すべきだと思いました。

条件①は据え置き、条件②はクビ、条件③も厳しいなって状況で予想をしていきます。

できれば2つくらいの条件で絞れた方がいいなと思いつつ、

微妙な条件を連発するしかないのがG3です。

 

過去10年の勝ち馬

エルトンバローズ

フェーングロッテン

ヴァイスメテオール

バビット

ブレイキングドーン

メイショウテッコン

セダブリランデス

ゼーヴィント

アンビシャス

ウインマーレライ

10年区切りということでoutケイアイチョウサンinエルトンバローズです。

ラジオNIKKEI賞は正直記憶に残っているレースが稀です。

毎年見ているはずなのになぜなんでしょう。

印象深いのはセダブリランテス。

あと大昔ですがツインターボが勝っています。

 

条件①:5月に走っている馬

過去の非該当:なし

据え置きされた条件でラジオNIKKEI賞の特徴です。

前月走ってここに向けて調整してきているってことではありません。

もちろんそういう馬もいますが、

5月のトライアルの結果で秋に切り替えた馬もいます。

ポイントは青葉賞の開催が今年は4月だってこと。

ウインマーレライのように青葉賞からここに向かって勝った馬もいるけれど、

その年は5月だったってことです。

これで

なんと

3頭に絞れちゃいました!

蛇足を控えてここで予想を終えます!

オフトレイル

ショーマンフリート

ミナデオロ

この3頭です!

 

人気も落ち着きそうなメンバーで良いじゃないですか。

こうなると資金配分も均等でよいので、

ただただ3頭を応援するだけになります。